鈴木勲と坂崎幸之助

福井で介護施設を探すなら必見!【介護の無料相談窓口】
陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)と言われており、白癬菌というカビが股部、陰嚢(いんのう)、尻などの部位にうつり、棲みついた感染症の事であり即ち水虫のことです。
子供の耳管の構造は、大人の耳管に比べると幅があって長さがなく、かつ水平に近いため、様々な菌が進入しやすくなっているのです。子どもが急性中耳炎にかかりやすいのは、この構造が関わっています。
現在、比較的若い世代で感染症である結核に抗する免疫力(抵抗力)の無い人たちが増加していることや、受診の遅れが主因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染の発生頻度が高くなっているようです。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、5日前後ちゃんとお薬を飲めば、大体、9割前後の患者さんの自覚症状はゼロになりますが、そうは言っても食道粘膜の傷みや炎症が根治したわけではないので気を付けましょう。
汗疱というのは手のひらや足裏、指と指の隙間などに細かい水疱が現れる病気で、おおむねあせもと呼び、足裏に出ると足水虫と思い込まれることもあります。
陰金田虫は20代~30代の男の人症例が多く、よくあるパターンとしては股間部にだけ広がり、身体を動かしたり、お風呂上りのように体が熱くなった時に猛烈な痒みをもたらします。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が失効した後に発売されるもので、新薬とまったく同じ成分で負担が少なくて済む(クスリの金額が高価ではない)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
演奏会の開催場所や踊るためのクラブなどに設置された特大スピーカーの正面で大きな音を浴びて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性難聴」と言っています。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「大動脈冠動脈バイパス移植術」の両方の治療方法が熱心に導入されています。
メタボリック症候群とは断言されていなくても、臓器の脂肪が付きやすい種類の悪質な肥満症を抱えてしまうということで、複数の生活習慣病を引き起こしやすくなります。
筋緊張性頭痛というのは仕事や勉強などでの肩凝り、首の凝り、張りが要因の最も一般的な頭痛で、「締め付けられる強烈な痛さ」「重苦しい鈍い痛さ」と言われています。
トコトリエノールの働きは酸化を防ぐ効果が殊に知られていますが、それ以外に肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの生産を抑えたりするということが知られています。
BMI(体重指数)の計算式はどこの国も共通ですが、BMI値の評価は国ごとに少しずつ違い、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22が標準、25以上は肥満、18.5未満であれば低体重と定義しているのです。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く蓄積した脂肪肝(しぼうかん)という病気は、肝硬変に始まる多種多様な生活習慣病の合併症を誘発する可能性が高いといわれています。
ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、四肢が何も感じなくなったり脚の浮腫みなどが代表的で、進行すると、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全も発症する可能性があるようです。